CONTENTS
会社概要
モデルハウス(本社屋)見学
浜田山オープンハウス見学
カンザキのこだわり
ヒノックス工法
建築の素材と原価の比較
強度実験(耐力壁・床・階段)による比較
現場見学会
施工例
お客様の声
住まい塾
著書紹介
化学物質・火災・環境について
採用情報
資料請求
アクセス
トップへ戻る


お問合せ

TEL:03-3397-1150
FAX:03-3397-1170


メール
mail


〒167-0035 
東京都杉並区今川
3-20-5


無垢の木 他社には真似できない、良質な木材

青森県木材協同組合とのパイプラインにより、天然木の良質青森ひば材を提供することができます。
柱が壁に囲まれる、大壁造の洋風建築にこそ、湿気やシロアリに強い、ひのきや青森ひばを使います。
カンザキ所有の貴重なひのき6寸角

漆喰(しっくい) 空気を浄化する理想の壁仕上げ材
漆喰は吸湿・放湿といった自然の空調機能があり、しかもマイナスイオンの発生により快適な空間を感じとれます。漆喰の石灰粒子にホルムアルデヒドが触れると科学変化し分解され無害な物質となります。

壁、天井を不燃材でもある漆喰にすることで、キッチンにおいても、火災の心配がへります。
そして、一酸化炭素中毒も起こらない優れもの。

■珪藻土との違い
漆喰の主成分である消石灰は、空気中の二酸化炭素と反応し 自然に固まる為、何も足す必要がありません。
珪藻土の主成分は、ガラスと同じシリカです。乾燥するとぼろぼろになる為、繋ぎとなる接着剤に、合成樹脂や粘土などが必要となります。


意匠設計 お客様の理想のイメージを追求するデザイン提案

専属の一級建築士、二級建築士、コーディネーターがお客様のご要望に沿った理想の住まいをご提案いたします。
洋風建築からモダンでスタイリッシュな意匠や和風など、幅広く対応いたします。
   

トイレの手洗い収納なども造作家具(無垢材)で設計致します。


構造【カンザキの骨組み】 しなやかに地震に耐える木造軸組構造
金物・ボルトだけに頼らない工法
現在の建築の流れは、 金物・ボルトに頼った工法です。
木と金物では、金物の方が、固いため、大きな地震の揺れに対して構造材を傷めます。
木造の基本は、柔構造です。 金物主体の剛構造ではありません。
無垢の大梁を用いた頑丈な構造
(基礎を高くすることは、カビを寄せ付けない自然通風確保及びメンテナンス点検の人通口の確保になります。)  
地震・台風の揺れのエネルギーを、しっかりと組ませた太い筋交い(ひのき無垢4.5cm×10.5cm)によって熱エネルギーに変え、吸収します。

柱はすべて四寸角(12cm角)。さらに壁の下地のラス板にひのきをしっかり打ちつけて耐力壁とし、強い耐久性を持たせています。

延べ床138坪を手刻みによる建て方
追っ掛け大栓継ぎ(087の写真) この技術は、最近は見ることが少なくなっている、伝統工法です。正に、いい家。
梁背は、なんと700ミリ(450+250)
斜めの登梁に火打ちを入れています。
通常は、土台、梁に火打ちを入れますが、カンザキでは、斜めも火打ちを入れることが可能です。
他社でこの工法で施工している会社は皆無です。
斜め火打ち 断面 
耐震に対して、これだけこだわり特殊加工が出来るのはカンザキだけです。

屋根を支える方丈


基礎【カンザキの基礎】 しっかりとした地盤固めと基礎
【本割栗石】
土の地面を固める為の石です。カンザキ建設では、この本割栗(10cm〜20cm)の硬くて重い石を使って地盤を打ち固めます。
大きな割栗石を敷き並べ、地中にくい込ませていきます。地盤を固める為の大切な作業です。 割栗石の上に、隙間を埋めるために小砕石(40-0)を敷きつめて、上からランマーやバイブレーターで転圧します。
木造建築のベタ基礎
基礎全体にコンクリートが打たれる工法
太さ13mmの鉄筋を15cm間隔で配筋します。
写真のように、密に配筋されています。
鉄筋3階建ての基礎の鉄筋工事
250mm角の重量鉄骨を使用します。

偶然にも、同時期に一流ハウスメーカーとカンザキが隣り合わせで工事をしました。 その時の配筋の写真です。
違いがよくお分かり頂けると思います。

配筋比較

基礎【異形L800ホールドダウン採用】 HD(ホールダウン金物)にもこだわりが
【異形L800ホールドダウン】
鉄筋同様、アンカーも丸よりも異形の方が強度も高い為、2014年夏より採用しています。

コンクリートの付着面積が大きく引き抜き耐力が抜群です。


   

RC(鉄筋コンクリート) 
カンザキのコンクリートは一般的に使われるAE空気連行性コンクリートの1.5倍
コンプラストコンクリート採用。カンザキ使用のコンクリートの耐久性は、一般的に使われるコンクリートの15倍以上です。
グラフ
上のグラフは、非空気連行性躯体防水用減水材(コンプラスト)を使用した鉄筋コンクリートの中性化検査のグラフです。(日本建築総合試験所及び大森久司氏(一級建築士)による)
コンクリートの中性化とは、アルカリ性のコンクリートが時間と共に空気によって中性化し、結果鉄筋を錆びさせ、建物の寿命を縮めることを意味します。北九州市「H内科・循環器科医院建築」の鉄筋コンクリートの外壁中性化検査報告書によると耐用年数が「876年」と出ました。
コンプラストコンクリートは半永久的なコンクリートと言えます。

  自然素材にこだわったカンザキ独自の工法

構造体・仕上げはもちろん、見えない部分にまでプラスチック等の石油化学製品を極力使わない工法です。
生きた素材を生きた状態で使い、通風換気の工夫により素材を長持ちさせますので、自然の力を最大限に生かした快適な家となります。
健康に良い断熱材や、免震などの構造技術の不断の研究により、 工法は日々進化しています。

工法の詳細につきましては、こちらをご覧下さい。

インテリア  カンザキならではの、自然素材に囲まれた室内空間
天井は無垢の杉板張り。柱にひのき、枠材に青森ひば、桐無垢板の建具を使った本格和室。


カンザキオリジナルオーダーシステムキッチン。(建具、引出し、箱、全て無垢材を使用。)
Hinoxオーダー洗面化粧台。 扉も無垢材を使ったオリジナルデザイン。 Hinoxオーダーによる無垢の手摺。

コスト 「本物」をお求め安く
これだけの材料のこだわりにより、健康面・品格は抜群。この本物志向の工法の住まいが、大手一般ハウスメーカー価格の10%から20%程度のアップでご購入頂けます。
また、大変丈夫で長持ちするので、結果的にはローコストにつながります。安心を宣伝イメージで買うのではなく、実際の素材に触れて判断することが賢明だと思います。
シックハウスにならない家づくり

弊社は、これまで1000棟近いご家族のお住まいの新築、リフォーム工事を手がけて参りましたが、シックハウス症候群になられたお客様はいらっしゃいません。

それだけ、建築素材に自信があります。嘘のない素材を使い公開しております。

近年、ポリスチレンの断熱材を多用する会社が多いですが、 実はこのポリスチレンからスチレンという化学物質が発生します。火災の心配だけでなく、 室内空気汚染を誘発することも知らない建築業者が多いのが現状の建築界です。

弊社の建築を購入して頂いたお客様を対象に、ご希望の方には、「シックハウス症候群にならない保証書」をお渡し致します。 これは、業界初の試みです。 (現在、すでにシックハウス症候群になられている方, 化学物質過敏症の方は除外とさせて頂きます。)

Copyright(C) 2005〜, Kanzaki Construction Co.,Ltd, All rights reserved